Shopifyのプランで探す
ただいま準備中です

ID連携ユーザー向けに
専用リッチメニューを配信

ID連携ユーザーだけに、特別なリッチメニューを出し分け
ユーザーの属性に合わせてリッチメニューを出しわけることで、利用されやすい便利なコンテンツや導線を提供できます
他社配信ツールとの併用もOK
Webhook URLの設定なしでご利用いただけるため、他社配信ツールとの併用も可能です
無料プランから利用可能
Shopifyのベーシックプラン・CRM PLUS on LINEのFreeプランからご利用いただけます
CRM PLUS on LINEでは、簡単な設定で「ID連携を利用した特定ユーザーへのリッチメニューの出し分け」が可能です。

  • 特定のユーザーに対してリッチメニューを出し分けたい
  • 他の配信ツールと併用しながら、Webhook URLを利用しない方法でタブ型リッチメニューを導入したい

というシーンにおすすめの機能です。


ユーザー属性に合わせて最適なリッチメニューを表示

ユーザーの属性に合わせてリッチメニューを出しわけることで、利用されやすい便利なコンテンツや導線を提供できます。

例えば、新規ユーザー・既存会員向けにリッチメニューを出しわけることができます。

【新規ユーザー向け
自社サービスや商品のよさを知ってもらい、サービス利用や購買、会員登録につながるようなコンテンツや導線を用意します。
例:会員登録、ID連携、初回限定クーポン、商品サービスLP、Q&Aサイトへの誘導など

既存会員向け
LTVを高めリピート促進に繋がるクーポンやサービスなど、より便利に利用してもらうためのコンテンツや導線を用意します。
例:会員証、リピート購入導線、マイページへの誘導、リピート購入促進クーポンの発行など
リッチメニュー出し分け例(新規ユーザー・既存会員)
リッチメニュー出し分け例(新規ユーザー・既存会員)
その他 リッチメニューの出し分け例
  • 属性別:性別、年代別
  • アンケート回答など特定のアクションを行ったユーザーとそうでないユーザー
  • 会員登録済ユーザーと非登録ユーザー
  • ID連携済ユーザーと非連携ユーザー
  • 会員のランク別:初回購入ユーザー、リピート購入ユーザー、ロイヤルカスタマー


WebhookURLを利用しないため、他の配信ツールとの併用が可能

リッチメニューの高度なカスタマイズ(タブ化や出し分けなど)にはLINEのMessaging APIが必須ですが、CRM PLUS on LINEを利用することで簡単に導入できます。

また、CRM PLUS on LINEのリッチメニュー作成機能は、Webhook URLの設定なしでご利用いただけるため、他社配信ツールとの併用も可能です。
※ Webhook URLはLINEが提供しているMessaging APIの機能の一つで、友だち追加や友だちからのメッセージ送信等のイベントを受信する仕組みです。

Webhook URLは1つのLINE公式アカウントにつき1つしか設定できません。そのため、ツールの併用ができないというケースもあります。CRM PLUS on LINEのリッチメニュー機能はWebhook URLの設定が不要のため、他のツールとの併用も可能です。
【関連機能】タブ型リッチメニュー|CRM PLUS on LINE活用ガイド


リッチメニュー出し分けの設定方法

CRM PLUS on LINEの配信ツール「Message Manager(メッセージマネージャー)」で設定を行います。

メッセージマネージャーの利用には初期設定が必要です。
初期設定がまだの場合はこちらのマニュアルを参照してください。

1. アプリ管理画面から「セグメント配信を作成する」を開く

CRM PLUS on LINEアプリ「セグメント配信」の機能を利用して絞り込みを行います。

アプリ管理画面 > LINE 配信 > セグメント配信 > セグメント配信を作成する

リッチメニューの出し分け

2. 顧客タグで配信対象を絞り込み、メッセージマネージャーを起動する

Shopifyの顧客タグを利用して、出し分けをしたいユーザーの絞り込みを行います。


CRM PLUS on LINE経由でID連携されたユーザーには自動で「LINE」タグが設定されているので、ID連携ユーザーのみに配信したい場合は「LINE」タグのみを設定してください。

リッチメニューの出し分け

タグで配信先を絞り込んだ上で「メッセージを作成する」をクリックすると、CRM PLUS on LINEの配信ツール「Message Manager(メッセージマネージャー)」が起動します。

3. リッチメニューを出し分けたい対象のユーザーIDを取得する

メッセージマネージャー管理画面 > ターゲット配信 > メッセージ作成 > 配信先リスト > 編集する

を選択します。

配信先のユーザーIDを取得

表示された「ユーザーID」の一覧をコピーします。

4. ユーザーIDをリッチメニューの配信先に指定する

メッセージマネージャー管理画面 > リッチメニュー
で出し分けの設定をしたいリッチメニューの設定画面を開きます。
設定方法:リッチメニューをセグメント別に配信
セグメント別に配信 > 配信先追加
と進み、配信先リストに 手順3でコピーしたユーザーID一覧を貼り付けます。
設定方法:リッチメニューをセグメント別に配信


リッチメニューからの流入を計測したい場合は?

リッチメニュー設定時に指定するリンクにutmパラメータを付与することで、Google Analyticsなど計測ツールを利用し、タップ領域ごとの計測が可能です。
パラメータを指定してリッチメニューからの流入を計測
utmパラメータを指定してリッチメニューからの流入を計測


【Shopify Plus限定】LINEログインの活用で購入までのフロー短縮

LINEの自動ログイン機能を組み合わせれば、リッチメニューから1タップでログインして購入完了!という便利な導線設計も可能です。
パラメータを指定してリッチメニューからの流入を計測
リッチメニューからLINEログインした状態でサイトに遷移
※本アプリではセキュアなLINEログインを実現するため、ShopifyのMultipass APIを利用しています。Multipass APIは現時点ではShopify Plusにしか開放されていないため、LINEログイン機能はShopify Plus限定での提供となります。


リッチメニュー出し分けの利用メリットと特徴まとめ

  • ユーザーの属性にあわせてリッチメニューをパーソナライズ
  • WebhookURLを利用しないため、他の配信ツールとの併用も可能
  • utmパラメータの指定でタップ領域ごとの流入計測ができる
  • 会員登録・ID連携済みの会員に向け、リッチメニューから1タップでLINEログインできる動線も提供可能(Shopify Plus限定)


導入事例

株式会社浅野屋が運営する「ブランジェ浅野屋オンラインショップ」では、LINEのID連携済会員向けのリッチメニューやメッセージの出し分けを行っています。

LINE連携会員向けの専用リッチメニューからは、1タップでログインした状態でオンラインショップに遷移できるため、ユーザーの購買体験向上につながっています。
リッチメニューに「LINE連携会員限定のECクーポン」を設置する取り組みも行いました。

ShopifyのディスカウントURLを利用し、リッチメニューをタップするだけでログインとクーポンコードセットが自動で完了する仕組みにしたため、分かりやすくとても好評で、ECクーポンの中では一番の利用率となっています。
ブランジェ浅野屋オンラインショップ様 導入コメントより
店舗・ECでのLINE連携!LINE連携会員に向けたリッチメニューやメッセージの出し分け、カゴ落ち配信なども実現|ブランジェ浅野屋
費用
Shopifyベーシックからご利用可能
ご利用中のShopifyの月額料金
Shopify料金ページ
$25~
Freeプランからご利用可能
Shopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」の月額料金
アプリ料金ページ
$0~
フリープランからご利用可能
LINE公式アカウントの月額料金
LINE公式アカウント料金ページ
¥0~
よくある質問
LINE Official Account Manager のリッチメニューと併用できますか?
CRM PLUS on LINEのメッセージマネージャ―から配信したリッチメニューが優先されます。CRM PLUS on LINEのメッセージマネージャ―から配信されたリッチメニューは、「削除」または「配信停止」するまでLINEのトーク画面に表示され続けます。
リッチメニューの背景画像のサイズは?
1200px × 810px(一般的な端末向け)を推奨します。

2500px × 1686px(高解像度向け)もご利用いただけますが、読み込みに時間がかかる可能性があります。

リッチメニューの背景画像のテンプレートはありますか?
アクションやタブのサイズを記載したテンプレート画像をご用意しています。ダウンロードして背景画像の下地としてご利用いただけます。