Shopifyのプランで探す
ただいま準備中です

顧客タグを使ったセグメント配信

Shopify上の顧客データを元に、セグメント配信を行えます
LINEのID連携と顧客タグの活用で、LINE公式アカウントだけでは実現できない柔軟なメッセージ出し分けを可能に
無料プランから利用可能です
Shopifyのベーシックプラン・CRM PLUS on LINEのFreeプランからご利用いただけます
顧客タグの付与・運用設計もサポートします
LINE連携時に自動で「line」タグを付与するほか、配信したいメッセージに合わせた情報取得・タグへの反映フローにもノウハウがあります

そもそもセグメント配信とは?

全ての友だちに対して一律で同じメッセージを送る「全配信」に対し、ユーザー属性や購買情報など、何かしらの切り口でメッセージを出し分ける配信を方法を「セグメント配信」と呼びます。

LINEはユーザーにとって身近なプラットフォームである分、自分に関係ないと感じるメッセージばかりが届くとすぐにブロックされてしまいかねません。
また、LINE公式アカウントでは、プラン毎の無料メッセージ通数を超えると追加メッセージ料金が発生するため、友だち数や配信通数に合わせてメッセージ配信方法と内容を考えていくことが、費用対効果を向上させるうえで重要です。
セグメント配信には大きく分けて2種類の実施方法があります。

  • LINE公式アカウントの管理画面から、属性情報やオーディエンス機能を活用して配信するもの
  • ユーザーのLINEアカウントと顧客IDを紐付け、自社DBの情報をもとに配信するもの
本記事では、2の方法について紹介していきます。LINE公式アカウントのみでできる1については、下記の記事をご参照ください。

Shopifyの顧客タグを利用したセグメント配信

「誰に配信するのか」をShopifyの「顧客タグ」で指定し、「CRM PLUS on LINE」でLINEメッセージの配信が可能です。「顧客タグ」とは、簡単にいうとユーザーをラベリングできる機能で、それぞれのユーザーに適切なラベルを付与することで、より効果的なセグメント配信を実現できます。

実際に顧客タグを使ったLINEメッセージ配信の例としては、次のようなものがあります。
商品Bを購入したユーザーに「商品B」というタグをつけておき、商品Bに似た新商品の発売告知や、商品Bの関連商品の案内を配信する例
また、「CRM PLUS on LINE」を利用してID連携した方には自動で「line」タグが付与される仕組みになっています。会員登録フォームの入力項目と連動して、「誕生日」「お気に入り店舗」などをタグに自動で付与することも可能です。(詳細はこちら)

これにより、下記のようなセグメント配信もスムーズに実現可能です。

  • LINE連携を行っているお客様のみにキャンペーン情報を配信
  • 誕生月のお客様に誕生月クーポンを配信
その他のタグの付与・活用方法については、下記記事を併せてご一読ください。

基本のセグメント配信例

LINE連携者のみにメッセージを配信する

Shopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」の管理画面から、LINE配信 > セグメント配信 を選択すると、配信先をタグで絞り込める画面になります。

タグの入力欄に「LINE」を入れ、LINE連携者を絞り込みます
※「LINE」タグは、CRM PLUS on LINEを介したLINE連携者に自動で付与されるタグです。
Shopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」管理画面での設定イメージ
プレビューで配信対象者を確認し、「メッセージを作成する」ボタンから送りたいメッセージをデザインして配信します。メッセージは、弊社配信ツール「メッセージマネージャー」で作成できます。
弊社配信ツール「メッセージマネージャー」画面イメージ
メッセージタイプは、テキスト・イメージマップ・Flex Messageの3つが選択可能です。

Flex Messageは耳なじみが無い方も多いかもしれませんが、複数の要素を組み合わせてHTMLに近い感覚でレイアウトを自由にカスタマイズできるタイプのメッセージです。おすすめ商品の紹介に使えそうなものから、レシートのようなものまで、幅広いテンプレートが用意されています。

人気のカルーセル(カードタイプ)タイプのメッセージも設定可能です。
Flex Message Simulator「Showcase」より
※ご利用には、LINEビジネスIDでのログインが必要です
Flexメッセージの詳細・詳しい設定方法については、下記ページをご参照ください。

Flexメッセージを配信する | CRM PLUS on LINE活用ガイド

誕生月クーポンの配信

アプリ管理画面から顧客タグで絞り込み、メッセージを配信する流れは同様です。

タグの入力欄に「1月誕生日」等ストアごとに設定したタグを入れ、配信対象者を絞り込みます。

「まだ誕生日に関する顧客タグを設定していない」という場合には、こちらの記事を参照の上、顧客タグを付与してから配信対象者の絞り込みを行なってください。
Shopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」管理画面でのタグでの絞り込みイメージ
※LINE連携済みで、1月誕生日の方のみにLINEでセグメント配信を行う例
費用
Shopifyベーシックからご利用可能
ご利用中のShopifyの月額料金
Shopify料金ページ
$25~
Freeプランからご利用可能
Shopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」の月額料金
アプリ料金ページ
$0~
フリープランからご利用可能
LINE公式アカウントの月額料金
LINE公式アカウント料金ページ
¥0~
ライトプランでは5円/通、スタンダートプランでは~3円/通
LINE公式アカウントの通数課金(無料通数を超えた場合のみ)
料金シミュレーションページ
随時
よくある質問