Shopifyアプリ「ソーシャルPLUS」
(1) LINE公式アカウントを準備する
LINE公式アカウントの開設から、LINE ID連携に必要な基本設定をご案内します。
設定の流れ
LINE公式アカウントの開設
企業や店舗のLINE公式アカウントを通じて、ユーザーとのコミュニケーション最適化、利便性向上など、さまざまな施策を実現できます。
Messaging APIの利用を開始
ユーザーと双方向のコミュニケーションを行うために、メッセージ用のAPIを利用できるようにします。
LINEログインチャネルを作成
会員IDとLINEのIDを連携するために、ログイン用のAPIを利用できるようにします。
目次
  1. LINE公式アカウントを開設
  2. Messaging APIの利用を開始
  3. LINEログインチャネルを作成
    3-1. LINEログインチャネルを新規作成
    3-2.友だち追加のオプションを表示する
    3-3.メールアドレス取得権限の申請
    3-4.LINEログインチャネルを公開
  4. Shopifyでできる施策のご紹介
    4-1.カゴ落ち通知
    4-2.タグベースのセグメント配信
1. LINE公式アカウントを開設
LINE公式アカウントの作り方|開設の設定と運用方法を確認して、アカウントを開設します。

今までLINE公式アカウントを開設したことがある方は、2. Messaging APIの利用を開始に進みます。
2. Messaging APIの利用を開始
LINE Official Account Managerにログインします。
「設定」から「Messaging API」を開き、「Messaging APIを利用する」をクリックします。
「名前」や「メールアドレス」の開発者情報を入力して、「同意する」をクリックします。
「プロバイダー名」には企業の英語表記を入力してください。英語表記がない場合は正式な会社名を入力し、ショップ名やブランド名は入力しないでください。法人ではなく個人運営の場合はショップ名・ブランド名・個人名のいずれかを入力してください。

詳しくは、LINE Developers|プロバイダーを作成するをご確認ください。

入力が終わったら「同意する」をクリックします。
「プライバシーポリシー」と「利用規約」を入力して、「OK」をクリックします。
「プライバシーポリシー」は必ず入力してください。
Messaging APIのChannel情報が表示されたら、利用開始となります。
3. LINEログインチャネルを作成
3-1. LINEログインチャネルを新規作成
LINE Official Account Managerと同じアカウントで、LINE Developersにログインします。
プロバイダーを選択して、「新規チャネル作成」をクリックします。
「LINEログイン」をクリックします。
チャネル基本設定を入力します。
この情報はLINEログインをした時にユーザーに表示されるため、下記の3項目は必ず設定してください。

  • チャネルアイコン
  • チャネル名:ショップ名を入力してください(「LINE」は入れられません)
  • チャネル説明:ショップの概要を入力してください

入力が終わったら「作成」をクリックします。
チャネル基本設定が表示されたら、LINEログインチャネルの作成は完了です。
3-2. 友だち追加のオプションを表示する
ユーザーがLINEログインをしたときに、友だち追加のチェックボックスが表示されるようにします。
LINEログインチャネルの「チャネル基本設定」を開いて、「リンクされたボット」の「編集」をクリックします。
プロバイダーに紐付けたLINE公式アカウントを選んで、「更新」をクリックします。
3-3. メールアドレス取得権限の申請
LINEログインチャネルの「チャネル基本設定」を開いて、「OpenID Connect」の「申請」をクリックします。
この申請は、LINEログインを使用してログインしたユーザーのメールアドレスを取得するときに必要です。
必要項目を入力して「保存」をクリックします。
スクリーンショットは、会員登録画面などの「メールアドレスの取得/利用目的をユーザーに明示している画面」をアップロードしてください。(例を見る

メールアドレスは申請後、すぐに取得できるようになります。
3-4. LINEログインチャネルを公開
ユーザーがLINEのID連携を利用できるように、LINEログインのチャネルを公開にします。
まずは、「非公開」をクリックします。
確認画面が表示されたら、内容を確認して「公開」をクリックします。
「公開済み」と表示されたら、公開は完了です。

以上で、LINEのID連携に必要なLINE公式アカウントの設定が整いました!
4. Shopifyでできる施策のご紹介
ShopifyとLINEを連携することで、顧客情報や購入履歴に応じたメッセージ配信などのCRM施策を手軽に導入できます。
4-1. カゴ落ち通知(近日リリース予定)
商品をカートに入れたまま購入し忘れてしまったユーザー宛てに、「買い忘れていませんか?」とリマインドメッセージを送ることで商品購入を促します。
4-2. 顧客・購買データによるセグメント配信
「VIP」や「リピーター」など、タグで絞り込んだユーザー宛てにお得なメッセージを配信することができます。

さらに、Shopify Plusを利用している場合は、Shopify Plus専用アプリ「Shopify Flow」と連携し、「お気に入り登録した商品が再入荷されたら」等の特定の条件をトリガーにした配信自動化も実現可能です。
その他の施策については、Shopifyアプリ「ソーシャルPLUS」ご活用イメージをご確認ください。

他のShopifyアプリと組み合わせた設計・運用方法等もご提案いたします。