Shopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」
(2) LINEのチャネル情報をアプリに登録する
(1) で設定したLINEのチャネル情報を、Shopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」へ登録する方法をご案内します。
設定の流れ
LINEログインチャネルの設定
ID連携したユーザーを紐づけるチャネルを登録します。
自動友だち追加の設定
ID連携の流れの中で、友だち追加を訴求する方法を登録します。
Messaging APIチャネルの設定
ユーザーにメッセージを配信するチャネルを登録します。
メッセージマネージャーのパスワードを発行
ソーシャルPLUS のメッセージ配信ツール「メッセージマネージャー」からメッセージを配信できるようにします。
1. LINEログインチャネルの設定
LINE Developersにログインします。

LINEログインチャネルの「チャネル基本設定」タブを開いて、「チャネルID」をコピーします。
Shopifyのストアにログインします。

ソーシャルPLUSアプリの「LINE 設定」を開いて、「LINEログインチャネル設定」の「チャネルID」に貼り付けます。
LINE Developersに戻り、「チャネル基本設定」タブの「チャネルシークレット」をコピーします。
ソーシャルPLUSアプリに戻り、「LINEログインチャネル設定」の「チャネルシークレット」に貼り付けます。
「LINEログインチャネル設定」の「コールバックURL」をコピーします。
LINE Developersに戻り、「LINEログイン設定」タブを開き、「コールバックURL」の「編集」ボタンをクリックします。
先ほどコピーしたコールバックURLを貼り付けて「更新」ボタンをクリックします。
2. 自動友だち追加の設定
ソーシャルPLUSアプリに戻り、「自動友だち追加設定」の表示方法を選択します。
ソーシャルPLUSの料金プランごとに推奨の設定がありますので、ご確認ください。
3. Messaging APIチャネルの設定
3-1. チャネル基本設定を行う
LINE Developersに戻り、Messaging APIチャネルの「チャネル基本設定」タブを開いて、「チャネルID」をコピーします。
ソーシャルPLUSアプリに戻り、「Messaging APIチャネル設定」の「チャネルID」に貼り付けます。
LINE Developersに戻り、「チャネル基本設定」タブで「チャネルシークレット」をコピーします。
ソーシャルPLUSアプリに戻り、「Messaging APIチャネル設定」の「チャネルシークレット」に貼り付けます。
3-2. Webhook設定を行う(スキップ可能)
「ソーシャルPLUSのチャット機能」を利用する場合のみ、本設定が必要です。
利用しない場合は、この章を飛ばして「4. メッセージマネージャーのパスワード発行」にお進みください。

※LINE Official Account Managerのチャット機能や他社の配信・チャットツールを併用する場合にも、本設定はスキップしてください。
※Webhookの設定を行わなくても、ソーシャルPLUS(チャット機能以外)をご利用いただけます。
まず「Messaging APIチャネル設定」の「Webhook URL」をコピーします。
LINE Developersに戻り、「Messaging API設定」タブを開き、「Webhook URL」の「編集」ボタンをクリックします。
先ほどコピーしたWebhook URLを貼り付けて「更新」ボタンをクリックします。

※Webhook URLは1つしか登録できません。すでにWebhook URLが登録されている場合は、他のツールで使用している可能性があります。
「Webhookの利用」をONにします。

※Webhookの利用をONにするとチャット機能が使えなくなりますのでご注意ください。ソーシャルPLUSのメッセージマネージャーで同等の機能を持つカスタマーサポート機能をご利用いただけますが、過去のチャット履歴は引き継がれません。
ソーシャルPLUSアプリに戻り、「保存する」ボタンをクリックします。

以上でLINEのチャネル設定は完了です。
4. メッセージマネージャーのパスワード発行
Shopifyからメッセージを配信するためには、ソーシャルPLUS のメッセージ配信ツール「メッセージマネージャー」にログインする必要があります。

Shopifyのストアにログインして、ソーシャルPLUSアプリの「メッセージマネージャーを設定する」をクリックします。
「パスワードを設定する」をクリックします。
新しいパスワードを入力して「保存する」をクリックします。
保存が成功すると、メッセージマネージャーにログインできるようになります。

※メッセージ配信はソーシャルPLUSアプリの「LINE 配信」から行います。
5. Shopifyでできる施策のご紹介
ShopifyとLINEを連携することで、顧客情報や購入履歴に応じたメッセージ配信などのCRM施策を手軽に導入できます。
5-1. カゴ落ち通知
商品をカートに入れたまま購入し忘れてしまったユーザー宛てに、「買い忘れていませんか?」とリマインドメッセージを送ることで商品購入を促します。
5-2. 顧客・購買データによるセグメント配信
「VIP」や「リピーター」など、タグで絞り込んだユーザー宛てにお得なメッセージを配信することができます。

さらに、Shopify Plusを利用している場合は、Shopify Plus専用アプリ「Shopify Flow」と連携し、「お気に入り登録した商品が再入荷されたら」等の特定の条件をトリガーにした配信自動化も実現可能です。
その他の施策については、Shopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」ご活用イメージをご確認ください。

他のShopifyアプリと組み合わせた設計・運用方法等もご提案いたします。